服飾専門学校を出た人はファッションアドバイザーやマーチャンダイザー、バイヤーなどさまざまな職業に就きます。そんなファッション関係の就職先についてご紹介していきたいと思います。

ファッションに関連する職業は実にたくさんありますが、服飾専門学校を卒業した人たちはどのような道に進んでいるのでしょうか?今回は卒業先の業種を簡単に説明していきたいと思います。
聞いたことのあるもの、ないものと比較しながら将来について考えてみてください。

■アルバイトとは違う専門職になれる

デパートやファッションショップなどで服を売ることは一般の求人募集からでも応募して働くことが出来ますが、さらに一歩上に行くためには服飾専門学校を出るのが一般的です。
例えば、ファッションアドバイザーやショップマネージャーなどはショップ内で専門的に店を支える職業となります。また、ブランドショップで働くきっかけにもなります。

プロデュースがしたい人ならば、マーチャンダイザーというファッションプロデューサーへの進路もあります。新商品やブランドを企画して経営に関わる仕事をすることが出来ます。

輸入品などを取り扱う場合、バイヤーやプレスと言った職業の人が必要になります。バイヤーは仕入れを行い、プレスは広報です。それぞれにデザイン力やマーケティング能力など高い力が求められます。

■自分のブランドを立ち上げたい人も

最近ではインターネットの発達によって、自分のブランドを作って販売するという行動がしやすくなりました。ですが、その根本にはファッションに関しての知識や経験が後々の財産となります。
服飾専門学校は、ファッションに関係する夢を叶えるための学校なのです。

関連する記事