服飾専門学校では日々さまざまなカリキュラムが行われていますが、実際にはどのような内容が行われているのか気になりますよね?そんな服飾専門学校の内容をご紹介していきます。

服飾専門学校は実際に通ってみないとその雰囲気などはわかりません。現在ではネット上に学校の中や授業風景などを紹介しているので想像は付きやすいと思いますが、それでも実際の空気・雰囲気というのはわかりません。
服飾専門学校はどんな雰囲気なのかを調べてみました。

■どんな人が通っているの?

服飾専門学校にはやはり10代の高卒生が多いと思われがちですが、実際は幅広い年代の人がカリキュラムを受けています。また、男女比も同じくらいで違いもありません。高卒生の人もいますが、20代、30代と言った年代のひとも多くいます。
すべての人がファッション業界に進出したいと考えているのではなく、後学のために洋裁を学びたいという人や、経営に関する知識を得たいという人、自社ブランドを立ち上げるためにコネクションを作りたい、スカウトをしたいという人も居るそうです。
なので、「私は入学しないほうが…」と考えている人は悩まなくてもいいのです。

■どんな授業が行われているの?

授業の内容は学校や学科によって全くことなりますので、一部の授業をご紹介します。
とある学校では講師として現在ファッション業界で活躍している人物を呼んで講義をしてもらうというものや、生徒がアパレル企業に行き、実際の仕事を体験するといったような実践型のカリキュラムもあります。
服をデザインしたり、作ったりする場合は定期的に発表会の場を設けて生徒の意欲を増幅させます。
このように毎日新鮮でためになるカリキュラムが行われているのです。

■服飾専門学校で学ぼう

服飾専門学校では誰もが平等に学ぶことが出来ますので、まずは体験入学などを試してみましょう。

関連する記事